30日フィットネスでダイエットをしよう!

30日フィットネスをご存知でしょうか。30日間筋トレを行い、体を引き締めながら脂肪も燃やしていくというダイエット法です。筋トレというときついので敬遠したいというかたも多いですが、30日フィットネスは初日は軽く徐々に回数を増やしていくので筋トレに慣れていない方でも安心して行うことができますし、30日フィットネスのスケジュールを組んでくれるアプリも出ています。

30日フィットネスチャレンジとは

30日フィットネスチャレンジは、アメリカで大流行したフィットネスになります。30日間の自分に合ったスケジュールを立ててフィットネスをして、筋肉を鍛えながらも無理なく痩せることができるというのが30日フィットネスです。

スケジュールは自分で決めることもできますが、30日フィットネスのスケジュールを組んでくれるスマホアプリもあるので気軽にやりやすいです。また、30日フィットネスは自宅でできるので気軽に取り組むことができます。

30日フィットネスが気軽にできる理由

30日フィットネスで行うフィットネスは外に出ないで行う筋トレが中心になり自宅でできるので、天気に左右されたりウェアやシューズを選ぶ手間もありません。また、初日は耐久するタイプの筋トレなら20秒程度、回数をこなす腕立てなども回数が少なく設定されています。

これが日を追うごとにだんだん回数が増えていくというのが30日間フィットネスの特徴で、徐々にレベルアップしていくのを実感しながら毎日続けることができます。ダイエットは効果の大きさよりも自分に合っているダイエット法で無理なく続けられるかというのが一番大事になります。

気軽にできるためストレスが溜まりづらく無理なく筋肉を鍛えていく30日フィットネスは多くの人に支持されており、本場のアメリカでも大流行しましたし日本でもSNSを中心に話題になって多くの人が実際に試しています。

また、30日フィットネスでは器具を使わないのもポイントが高いです。通常の筋トレでは器具を使った方がより筋肉を大きくできるので筋トレ用の器具を使用することがありますが、ダイエット用の筋トレでは低い負荷で回数をこなすことが重要になります。

ウェアや靴もいらず、器具も必要ないのですぐにでも始められるのが嬉しいですね。

「フィットネスのプールで着たい!女性向け着心地がいいスイムウェア10選」

筋トレ初心者でも安心

30日フィットネスは筋トレをやった事が無いという人でも取っつきやすいのが特徴です。スポーツをして痩せるタイプの筋トレをやってみたという人は多いですが、途切れ途切れになってしまう、途中で辞めてしまったという人も多いです。

スポーツでのダイエットは筋トレ初心者には初日からハードな内容であることが多く、初日からハードな筋トレをして疲労や筋肉痛が残ってしまう場合が多いです。いくら痩せるためとはいえあまりにも苦しいとダイエットを続けようというモチベーションが下がってしまい、ダイエットをする日より休みが多くなったり、辞めてしまうということになってしまいます。

初日は非常に軽い筋トレで徐々に回数を増やしていき数日に一度休みも挟む30日フィットネスは、筋トレ初心者だけど体を動かして痩せたいという人にとてもオススメのダイエット法となっています。また、アプリではどんな姿勢でやるのかも簡単なアニメで見られるため正しいフォームを身に付けやすいです。

ダイエットでの筋トレは回数をこなすため、鍛えている部位に疲労が溜まってくるとその部位を庇ってフォームが崩れてしまいがちです。フォームが崩れると筋トレとしての効果が下がるというのもありますが、何よりも体を痛める危険が出てきます。

疲労が溜まった部位を庇って負担がかかりやすいのは手首、肩、腰、首などです。これらの部位は筋トレで回数をこなしていると痛めやすく、筋トレ初心者ならなおさらです。30日フィットネスをアプリで行うとアニメで正しいフォームを確認できるため、体を痛める危険が減ります。

スリムな体型を手に入れながら脂肪を燃やせる

スポーツでのダイエットは体を細くスリムにしながら脂肪も燃やせるという特徴があります。30日フィットネスは筋トレでダイエットを行うので、食事制限などよりも綺麗な体を手に入れることができるんです。また、ダイエットでの筋トレと普通の筋トレはやり方が少し違ってきます。

通常の筋トレは筋肉を大きくするのが目的なので、限界に近い負荷をかけて10回程度行う場合が多い無酸素運動です。ダイエット筋トレは軽い負荷で回数を多くこなしながら呼吸にも気を付けながら行うので、筋肉に負荷をかけて大きくしながら有酸素運動の効果で脂肪を燃やしていくことができます。

有酸素運動は20分以上やらないと効果が出ないと言われがちですが、5分でも10分でも脂肪が燃えることがわかっています。筋肉を大きくするというのはダイエットではとても重要です。筋肉が付けばその部位が引き締められて細く見えるようになりますし、筋肉が多いほどカロリーの消費が増えていきます。

代謝が上がるので普段の生活や筋トレでの消費カロリーが上がり、筋肉が多いほどダイエットに向いた体になることができるんです。筋肉が付くと聞くとムキムキな体を想像して敬遠してしまう人もいますが、器具を使って筋肉に強い負荷をかけて、プロテインやサプリメントも取らないとムキムキになることはできません。

30日フィットネスなら軽い負荷の筋トレしか行わないので、ボディラインを崩すような大きな筋肉は付かないので安心です。

細くしたい部位を集中的に鍛えられる

30日フィットネスでは一か所だけのトレーニングを30日間行うこともできます。これによって腕を鍛えて二の腕のたぷたぷを解消したり、下半身を鍛えてお尻や太ももを引き締めて細くしたり、お腹の脇の腹斜筋という筋肉を重点的に鍛えてくびれを作ることができます。

ダイエットでは部分痩せは出来ないとは言われますが、その部位に筋肉を付けて引き締めることで細くすることはできます。特に足の筋トレは血行やリンパの流れを良くしてむくみや冷え性の解消にも繋がるので、お悩みの方にはとてもオススメです。

30日間どこかを鍛えたら次の30日で別の部位を鍛えるというやり方も有効です。

「注目!最新のフィットネス5選」

30日フィットネスのダイエット効果を高める方法

30日フィットネスのダイエット効果は筋トレで体を動かすことによる有酸素運動ですが、呼吸次第でダイエット効果を高めることができます。力を入れる時に息を吐き、元のポジションに戻した時に息を吸えば腹式呼吸になりダイエット効果が高くなります。

また、息を切らさないようにすることも重要です。息が切れると無酸素運動になってしまい、脂肪が燃えなくなってしまいます。フォームと呼吸を大事にしながらフィットネスをしていきましょう。